時計の電池交換なら『丸万質舗』
大阪天六(天神橋筋六丁目)丸万質舗

〇〇時計の豆知識〇〇
ボタン電池の型番の意味



電池の型番は、メーカーによっていろいろな表記がありますが、
日本のメーカーの場合はSR621SWや、CR2016といった表記がされています。



①最初のアルファベットは物質の種類を表します。
L … アルカリ電池
C … リチウム電池(正極作用物質が二酸化マンガン)
B … リチウム電池(正極作用物質がフッ化カーボン)
S … 酸化銀電池



②二つ目のアルファベットは電池の形状を表します。
R … 円形
F … 角形 平形



③最初の数字(数字が4桁のものは、最初の2桁)は、電池の直径を表します。
電池の一番大きい部分の直径。例えば6なら約6ミリ、20なら約20ミリ。



④残り2桁の数字は、電池の厚さを表します。
電池の一番厚い部分の厚さ。例えば21なら約2.1ミリ。



⑤また、物質の種類によって電圧は決まっています。
アルカリ電池(L) … 1.5V
リチウム電池(C&B) … 3.0V
酸化銀電池 (S)… 1.55V
これらをまとめると、例えば「SR621」と書いてあれば、直径約6ミリ、厚さ約2.1ミリの酸化銀電池(1.55V)であることを表しています。 。